リペア(修理)例

モンクレールのダウンの穴や破れ等の修理と補修例

モンクレールのダウンが破れたり穴が開いたというトラブルは少なくありません。そういう時にはウェットクリーニングと一緒に修理や補修を行いませんか?キレイナでのモンクレールのダウンの穴や破れ等の修理と補修例を紹介します。

※リペアのみのご依頼は受け付けておりません、予めご了承下さい。

モンクレールダウン フード破れ修理例

今回はモンクレールのダウンジャケットのフードの破れ修理例をご紹介します。

※修理のみのご依頼は受け付けておりません。予めご了承ください。

Before

今回ご依頼いただきましたモンクレールのダウンジャケットのフードは、比較的新しいもののようですが、縫い目から縫い代が外れてしまい中のダウンパックが見えている状態でした。

裏側になるため着用中に見えることはあまりありませんが、外れた部分から生地が解れてしまうとさらに大掛かりな修理が必要になるため、早め直されておくことをお勧めします。

After

こちらは表と裏が中でつながっており、本来なら縫い代が解れている分だけ表も縫い込む必要があります。

幸い縫い代の解れがほとんどなかったことと、元の縫い目が端に寄っていたためにおこるものだったため、正しい位置で縫い直すことができました。

修理の内容は1点ずつ異なるため、状態にあった修理方法を確認しながら作業に当たらせていただきます。

参考見積価格

ダウンジャケット:8800円(税込)

撥水加工:2200円(税込)

フード修理:16500円(税込)

合計:27500円(税込)

 

※見積内容につきましては、商品の状態や施術内容により価格が異なります。こちらはあくまでも参考見積価格となりますのでご了承ください。

 

モンクレールのダウンベスト 脇部分破れ修理例

Before

今回はモンクレールのダウンベストの脇部分の破れ修理をご依頼いただきました。

ダウンベストの場合多くの方が肩周りがぴったりのサイズを着用されています。そのため着脱の際に脇部分への負担が破れの原因となります。

こちらも着用する際に引っ張られ、破れてしまったようです。

After

糸が切れて解れた場合は再度縫い合わせるのですが、こちらは生地の端が破れていたためポケットの中の生地を使用して繋ぎました。

元の範囲は小さかったのですが、再度破れが起こらないように弱っている箇所も含めて少し広めに補修しております。

切り取った後のポケットは似寄りの生地を使用して作り直しました。

参考見積価格

ダウンジャケット:8800円(税込)

撥水加工:2200円(税込)

修理:20900円(税込)

合計:31900円(税込)

 

※見積内容につきましては、商品の状態や施術内容により価格が異なります。こちらはあくまでも参考見積価格となりますのでご了承ください。

モンクレールダウンジャケット 裏地破れの修理例

モンクレールのダウンジャケットのアームの破れの修理例をご紹介します。

Before

今回ご依頼いただきましたモンクレールのダウンジャケットは長年着用しており、ご自身でお洗濯された際、アームの縫い目の肩から袖口までが裂けてしまったものです。

少しの解れなら裏から補強して縫い合わせるとまたしばらくはもちますが、生地自体が弱っているとさらに広がってくるかもしれません。

こういったトラブルを避けるためにもご自身で一度チェックされ、お見積りの際にご相談ください。

After

ここまでのダメージになると、このまま縫い合わせても裏地なサイズが小さくなってしまうため、切り替え部分を作って生地を足すか、袖の裏地全体を交換するのですが、元々袖が太かったということで、表地も含めて袖幅を縮めました。

裏地に合わせて表地のサイズも縮めると突っ張ることもなく着用することができます。

肩の一部がより大きく解けていたため、こちらにはポケットの中の生地を使用して補修しました。ポケットには似寄りの生地を使用して元に戻しています。

参考見積価格

ダウンジャケット:8800円(税込)

撥水加工:2200円(税込)

袖修理:38500円(税込)

合計:49500円(税込)

※見積内容につきましては、商品の状態や施術内容により価格が異なります。こちらはあくまでも参考見積価格となりますのでご了承ください。

 

モンクレールダウンジャケット破れの修理例

Before

今回は、モンクレールのダウンジャケットの後ろ側の裾の破れの修理をご依頼いただきました。

着用の際に後ろからの火の粉を浴びてしまい、広範囲で所々溶けてしまっている状態でした。本来なら内側やポケットの中から生地を取り出すのですが、内側の色が違うことと、範囲が広い為にポケットのサイズでは足りなかったので、似寄りの生地を使用しています。

今回は裾にゴムが入っていますが、こちらも多少のダメージが感じられたためゴムの交換もお勧めしました。

After

ゴムが入っている部分まで生地がつながっているタイプなので、裾の1ブロックとゴムが入っている箇所に1枚の生地を使用します。若干厚みのある似寄りの生地ですが、ゴムを入れても違和感なく仕上がっています。

内側の生地が同色であれば使用しますが、その場合は内側の切り取った部分に似寄りの生地を使用することになります。

参考見積価格

ダウンジャケット:8800円(税込)

撥水加工:2200円(税込)~

破れ修理:33000円(税込)

合計:44000円(税込)~

※見積内容につきましては、商品の状態や施術内容により価格が異なります。こちらはあくまでも参考見積価格となりますのでご了承ください。

クリーニングを依頼する

 

モンクレールダウンジャケットの腕部分の破れを修理

モンクレールのダウンジャケットの腕部分が破れて割けてしまった状態の修理をご依頼された例です。

Before

モンクレールダウンジャケットの腕部分の破れを修理01

モンクレールのダウンジャケットですが、腕部分をどこかに引っ掛けてしまい、割けて破れてしまっています。放置すると更に傷は広がるし、中のダウンが出てきてしまうので早急に修理が必要な状態です。

After

モンクレールダウンジャケットの腕部分の破れを修理02

キレイナでウェットクリーニング後に割けて破れてしまっている箇所の生地を新しい物に変えました。写真で見て分かる様に破れていた箇所が違和感なく仕上がっている事が分かります。

参考見積価格

  • ダウンジャケット:7000円
  • 穴・破れの修理:24000円~
  • 合計:31000円~
クリーニングを依頼する

 

モンクレールダウンコートが破れた箇所を修理

モンクレールのダウンコートが破れてしまった状態の修理をキレイナにご依頼された例です。

Before

モンクレールダウンコートが破れた箇所を修理01

モンクレールのダウンコートですが、暖房器具の熱にあたり表面が溶けて破れてしまった状態です。中綿までは戻せませんが、表面の生地を新しい生地で張替え補修します。

After

モンクレールダウンコートが破れた箇所を修理02

キレイナでウェットクリーニング後、溶けてしまった箇所の生地一体を外し、新しい生地を用意して張り替え、違和感なく仕上がっている事が分かります。

参考見積価格

  • ダウンコート:8500円
  • 穴・破れの修理:14400円~
  • 合計:22900円~
クリーニングを依頼する

 

モンクレールダウンジャケットのポケットの穴を補修

モンクレールのダウンジャケットのポケット部分が破れて穴が開いてしまった状態の補修をご依頼された例です。

Before

モンクレールダウンジャケットのポケットの穴を補修01

モンクレールのダウンジャケットですが、ポケットの内側が破れて穴ができてしまっている状態です。外から見えない部分ですが、ポケットとして使い難い状態です。

ポケットに鍵などを入れる人に多いトラブルですが、ポケットの内側の穴を放置しておくと、そこから更に鍵が外側の生地を傷める原因になるので、早急に補修する事をおすすめします。

After

モンクレールダウンジャケットのポケットの穴を補修02

キレイナでウェットクリーニング後に、穴になってほつれた部分を裏側から縫い合わせることで、縫い目も目立たずキレイナ仕上がりになっています。

参考見積価格

  • ダウンコート:8500円
  • 穴・破れの修理:9600円~
  • 合計:18100円~
クリーニングを依頼する