衣類ケアと洗濯

インナーダウンのクリーニング例や洗濯とお手入れ方法

インナーダウンのキレイナでのウェットクリーニング例と、自宅の洗濯機や水洗い(手洗い)で洗濯したい方向けの洗濯方法やお手入れ方法と注意点を紹介しています。

ドライクリーニングでは落ちない汚れや臭いをしっかり落としましょう。

インナーダウンは脇汗などの汚れがいっぱい


寒い冬はアウターの下にインナーダウンを着る人が増え、保温性が高い商品になっているため汗をかく人もいると思います。また、袖がない商品も増えているので家の中でも来ているという方やダウンに比べ着用したまま飲食されることも多いと思います。

そんな、インナーダウンには脇汗が染み込んでいたり、襟の皮脂汚れ、最悪食べこぼしなどの汚れがあります。キレイに着用していても、雨に濡れたなど汚れがたくさんついています。

インナーダウンの推奨される洗濯頻度

メーカーや素材によって推奨される洗濯頻度には差があります。なので、一概には言えませんが基本的には着用頻度が高ければ1シーズンに2回ほど。そうでなければ、1シーズンの終わりに洗うのが目安です。

しかし、シミや汚れは時間が経てば経つほど落ちにくくなります。また、1シーズン着用したものを放置しておくとカビの発生に繋がったり保温効果が落ちたりします。

インナーダウンの洗濯方法と注意点

洗濯が簡単と言われているインナーダウンですが注意点があります。ダウンジャケットの羽毛は直接ジャケットに詰められているのではなく、「ダウンパック」という袋の中に密封されて入れられています。

しかし、インナーダウンは軽く仕上げるため「ダウンパック」が施されていない商品が多いです。なので、縫い目から羽毛が出てきやすいという弱点があります。

ご自身で洗濯してダウンが寄ったまま固まってしまった等、悲しいことになる可能性もあります。ですが、絶対にできないということではないので注意点をふまえて紹介していきたいと思います。

洗濯表示を確認して洗濯ができるか確認しましょう。洗剤は繊維の種類で使い分けますがダウンやフェザーの場合、羽毛が使われています。なので、中性洗剤を使わないと傷んでしまう可能性があります。

また、ダウンの生地には化学繊維が使われており化学繊維自体は合成洗剤でも問題ないのですが表地と裏地の生地が違う場合、撥水加工と吸水加工が施されている事もあります。この場合普通の洗剤に弱いケースもあるので、中性洗剤を使う事をおすすめします。

今回、ユニクロのインナーダウンでご紹介していきたいと思います。

今回使った洗剤は【エマール おしゃれ着用洗剤です】

 

インナーダウンの手洗いで水洗いする方法

  1. 水洗い可の物か洗濯表示を確認
  2. ぬるま湯に中性洗剤を入れる
  3. シームレスダウンを入れ押し洗いする
  4. ぬるま湯で押し洗いしつつすすぎ
  5. タオルドライで余分な水分を取る
  6. 陰干しで2~3日ほどシッカリ乾かす

1.水洗い可の物か洗濯表示を確認

新洗濯表示の見方28

洗濯表示を必ず確認し水洗い可の物かをチェック。今回のインナーダウンは手洗い可の洗濯表示が付いているので手洗いで水洗いします。

2.ぬるま湯に中性洗剤を入れる

インナーダウン洗ってみた1

汚れが酷い襟首や袖などは先に中性洗剤とスポンジを使いポンポンと優しく叩くように取ります。30℃ぐらいのぬるま湯に中性洗剤の説明通りの量で薄めてください。

3.シームレスダウンを入れ押し洗いする

インナーダウン洗ってみた3

洗う時はゴシゴシ洗うのではなく、押し洗いをします(羽毛のことを考え洗剤を繊維の中にくぐらせるイメージです)

4.ぬるま湯で押し洗いしつつすすぎ

インナーダウン洗ってみた4

すすぎは洗剤水を捨てキレイなぬるま湯に2回~3回変えて押し洗いをします。(シャワーを使い洗い流してもいいです)

5.タオルドライで余分な水分を取る

インナーダウン洗ってみた5

浴槽のフチに30分ほどかけて水をきった後にタオルドライしてください。ギュッと握って絞るのは絶対にやめてください。

6.陰干しで2~3日ほどシッカリ乾かす

風通しの良い日陰で2~3日ほど乾かしてください。完全に乾かないと後々臭いにもつながります。

すすぎの際は注意点があります!洗剤が残ったままだとダウンの威力が弱まります。必ずしっかり洗い流しましょう。

インナーダウンを洗濯機で洗う方法

  1. 畳んでネットに入れる
  2. 洗濯機の水にダウンを沈める
  3. 中性洗剤を入れる
  4. 洗濯機を回す
  5. 羽毛をほぐす
  6. 乾燥機で乾かす
  7. 陰干しを行う

1.畳んでネットに入れる

ファスナー、ボタンをしめ畳んでネットに入れる。ネットに入れないと脱水時に水を通さないナイロンなどが影響して洗濯機がうまく回らず事故になる事もあります。また衣類が絡んで傷みに繋がる恐れもあります。

2.洗濯機の水にダウンを沈める

インナーダウン洗ってみた2

洗濯機に水をため、ダウンを沈める。この時ダウンは水に浮くのでしっかりと沈めます。ドラム式洗濯機の場合は、先にインナーダウンを濡らして空気を抜いておきます。

3.中性洗剤を入れる

おしゃれ着用の中性洗剤を入れ洗います。

4.洗濯機を回す

脱水まではこのまま洗濯機に任せましょう。

5.羽毛をほぐす

脱水後は一度ダウンを広げ、羽毛を優しくほぐします。洗濯機で脱水する場合は1分の脱水を2~3回程度でしてください。あまりやりすぎると洗濯機の遠心力でダウンの中綿の偏りにつながります。

6.乾燥機で乾かす

乾燥機に入れ10分の乾燥を3~4回ほど繰り返します。ダウンは熱に弱いため、必ず低温で乾燥してください。またダウンの生地を傷めないためのも裏返すといいです。

7.陰干しを行う

乾燥後は、できれば太めのハンガーに掛け、風通しの良い場所で陰干しを2~3日しましょう。

洗濯機でダウンを洗濯するのはかなりリスクが高いので、それを承知の上で行うようにして下さい。

ンナーダウンのクリーニングの値段


お店によって金額は異なります。インナーダウンなのでダウンの値段でクリーニングするところもあり袖があるかないかでも金額は変わります。

袖があるインナーダウンは4.000円ほどが目安です。高級クリーニング店ではもう少し高くなる場合があります。

袖がないインナーダウンはダウンよりも安くなります。大体2.000円~2.500円程度です。袖あり、袖なしでも撥水加工や、消臭・抗菌処加工、防虫加工などオプションをつけると一つあたり+1.000円程度になります。

キレイナでのインナーダウンのクリーニング例

before

もともと薄くて軽いインナーダウンですが、風合いのないインナーダウンになっています。一点一点丁寧に技術担当者が洗います。

インナーダウン2インナーダウン

after

上から見た感じはあまり変わらないですが、横から見るとふんわりしているのがわかります。

インナーダウン3インナーダウン1

今回は、ユニクロのインナーダウンでご紹介しましたがキレイナではどこのメーカーのインナーダウンでも対応しています。

クリーニングを依頼する