衣類ケアと洗濯

ダウンをコインランドリーで洗う方法と注意点

シーズン中にダウンをクリーニングに出したいけれど、出すと着るダウンがない・・・急に寒くなって衣替えで出してきたけど、汚れていてすぐに着れない!どうにか自分で洗える方法はないのか・・・?そんなあなたに、コインランドリーでの
洗濯・乾燥方法と注意点を解説します。

コインランドリーとクリーニングのダウンの洗い方の違い

コインランドリー

洗剤を入れて洗濯機で洗う。という意味では、ご家庭での洗濯と同じですが
コインランドリーの乾燥機はガス乾燥機を使っているためパワーが全然違います。
ダウンは衣類の中でも、デリケートですが
・匂いの吸収による「脱臭効果」
・ほこりをとる「ダスター効果」
・ふっくら仕上げる「復元効果」  など
たくさんの効果を得ることが出来ます。

クリーニング店

ウールダウン

表示や裏地などの素材や生地加工、汚れの付着度によって洗い方を決めています。
ウエットクリーニング・ドライクリーニング・しみ抜きなどの
洗浄方法でしっかりと汚れを落とします。
また、お店によっては1点1点手洗いしてくれるクリーニング屋さんもあります。

ダウンはコインランドリーで洗える

洗濯表示タグが【水洗い(樽に水をはったマークが洗濯機のマーク)】と
【タンブル乾燥(正方形の中に〇)】があれば、可能です。
これらのマークに×がついていたら、洗えませんし乾燥を
かけることもできません。ご自分で洗う際は必ず確認するようにしましょう。

また、皮革素材のダウンは色落ちや型崩れの恐れがあります。
ウール(羊毛)の生地は、縮む可能性があるため洗濯できません。

お気に入りのお洋服や、高級ダウンなど失敗したくない方は
クリーニングに出すことを、おススメします。

ダウンをコインランドリーで上手に洗う方法

汚れがひどい箇所(襟首・袖口・ポケット周辺)は、自宅で予洗いしてから行きましょう。
45度ぐらいのお湯でも汚れは取れますが、中性洗剤で優しく洗うとよく取れます。

洗濯機に入れるときは、フードなど外せる物は取り外し
できるだけダウンの広がりを抑えるためにファスナーやボタンなどは閉めましょう
広がりを抑えることで、洗いや乾燥の過程で生地同士による摩擦や傷みを軽減させることが出来ます。
また、ダウンを裏返して洗うことによりパーツがドラムとぶつかって破損するのを防ぐこともできます

ダウンをコインランドリーで洗う際の洗剤

洗濯に使う洗剤は、弱アルカリ性と中性洗剤の二つがあります。
二つの洗剤の特性とダウンに合う洗剤をご紹介します。

・弱アルカリ性


普段の洗濯に使っている洗濯洗剤のほとんどが弱アルカリ性の洗剤です。
程よく洗浄力が高い一方で、ある程度素材に影響が出やすくなっています
そのため、ダウンには不向きな洗剤になります。
ダウンにはタンパク質を含んでいる商品もあるため
洗浄時にアルカリ性の洗剤で過度の洗浄力をかけてしまうと
色落ちや風合いなどの変化のリスクもあります

・中性洗剤

中性洗剤は洗浄力が低いものの、洗浄時に素材の影響が少ないとされています
汚れをしっかりと落とすというよりも色合いや風合いを保ちながら
汚れを落とすのでダウンにとって最適な洗剤になっています。
また今ではたくさんの種類のダウン専用の洗剤も売り出しているので
その中からお気に入りの洗剤を見つけるのもいいと思います。

 

ダウンジャケットをコインランドリーで洗い失敗

一番多い失敗例は、乾燥方法を間違えてしまいダウンの中身が
固まってしまった・・・。という例です。
それ以外にも、
・ダウンを手洗いする際に力を入れすぎてしまい生地にダメージを与え破れに繋がった。
・弱アルカリ性洗剤を使い羽毛を痛めてしまいふっくら感がなくなった。
・洗濯表示を確認しないままあらってしまった。
という、失敗例がありました。

ダウンをコインランドリーの乾燥機で乾かす方法

乾燥機にテニスボール

乾燥時間の目安は約40分程度ですが、様子を見ながら回すようにしましょう。
(10分づつ回すのも可◎)
しっかりと乾燥をさせないと、後々の匂いの原因に繋がる事もあります。
乾燥温度ですが、ダウンの素材が高温に強くないものが多いです。
そのため普通に乾燥にかけてしまうと、表面の素材の縮みが起きる可能性があります。
時間がかかっても必ず低温で回すようにしましょう。
自然乾燥だと羽毛が偏ったり、固まったりすることがあるため必ずやめましょう。
洗いと乾燥が別の機械であれば、乾燥機を回す際に
キレイなテニスボールを2~3個ほど入れると
テニスボールが乾燥機の中でダウンとバウンドすることにより、程よくダウンが
叩かれて羽毛に空気が入り、仕上がりがふかふかになります。

乾燥後は、ダウンに熱がこもっています。家に持ち帰った後は
太めのハンガーに掛け、室内の通気性の良いところで2~3日ほど
しっかりと乾燥させてからクローゼットなどにしまうと、カビの心配はありません。

シームレスダウンについては乾燥機の熱で張り合わせ部分が劣化する場合があるので
クリーニングに出すことをおすすめします。高級ダウン等も中に入っている
羽毛が違うためクリーニング店にお願いしましょう。