衣類ケアと洗濯

ワイシャツなどシャツ類に黄ばみが!プロが教える落とし方

オールシーズン活躍してくれる、ワイシャツなどシャツ類ですが、洗っていてもどうしても黄ばみが出てしまいますよね。クリーニングのプロがその黄ばみの原因と自宅での洗濯方法、黄ばみの落とし方を教えます。

シャツの襟袖には黄ばみが出やすい原因

ジョルジオアルマーニ染み抜きクリーニング4

毎日着ると言ってもいいぐらいのアイテム、ワイシャツなどシャツ類。日常使いするものなので着用したら洗濯している、それなのにだんだん黄ばんでくる。というお悩みをよく聞きます。

洗濯しているのに何で黄ばんできてしまうのでしょうか?

それは、皮脂や汗などを洗濯で落としきれていないことが原因です。皮脂や汗が衣類に残ったままの状態にしていると空気中の酸素と結びついて、酸化して黄ばみへと変化してしまうのです。

皮脂や汗が原因なので、襟や袖・脇部分に黄ばみが出やすいんですね。

この黄ばみを放置してしまうと、黄ばみが濃くなってしまいます。さらに埃などと結合して黒ずんでしまうこともあります。

特に汗をかきやすい夏場に着用したものは、黄ばみが出やすいのでしっかりと洗濯して皮脂や汗を取ること重要です。

自宅でのシャツの黄ばみの落とし方

ワイシャツなどシャツ類の日常使いするアイテムは、お家で黄ばみを落とせるのが一番ですよね。

衣類用の酸素系漂白剤につけ置きするのが一番簡単な黄ばみ落としの方法ですが、蓄積された皮脂や汗の黄ばみはそれだけでは落ちてくれないことが多いです。

頑固な黄ばみには、中性洗剤とか過炭酸過炭酸ナトリウムを混ぜ合わせたペーストとアイロンのスチームを利用してみましょう。

  1. 中性洗剤(台所用食器洗い洗剤でOK)と過炭酸ナトリウムを1:1で混ぜ合わせてペースト状にする。アイロンを温めておく。
  2. 黄ばみが気になる部分に歯ブラシなどで強くこすらずに塗布する。
  3. ペーストを塗布した部分にアイロンのスチームをあてる。どんどん白くなっていくのがわかると思います。
  4. 最後はしっかりとすすいで乾燥させましょう。

アイロンが使用できない繊維の場合などは、時間はかかりますがペーストを塗布して50度ぐらいのお湯につけておくことでも同様の効果を得ることが出来ます。

どの方法も洗濯表示を確認してから行うようにしてください。特に漂白について、アイロンの使用についての表示を確認するようにしてください。

キレイナのクリーニング事例

自宅での黄ばみ取りを行っても落ちない場合や洗濯表示で漂白が不可の場合などは、クリーニングを依頼するようにしましょう。

キレイナでもたくさんの黄ばみ落としの依頼をいただいています。ほんの一部ですが、事例を紹介いたします。

シャツの襟の黄ばみ落とし事例

Before

使用のたびに自宅で洗っていたのに黄ばみが出てしまいお困りで、キレイナへご依頼くださいました。

日々の洗濯でも襟周りや脇部分は、皮脂や汗が残りやすく黄ばみが出てしまいやすいです。

After

キレイナでは、プロの水洗い「ウェットクリーニング」でしっかりと皮脂や汗などの汚れを取り除いたのち、黄ばみのひどい部分に黄ばみ処理を行います。

白い部分はしっかり白く、ストライプのコントラストが映えるようになりました。

シャツの脇の黄ばみ落とし

Before

シャネルシャツ脇染み抜き2

こちらは、脇の汗じみがくっきりと黄ばみになってしまいお困りでキレイナへご依頼くださいました。

キレイナでは、CHANEL(シャネル)などのハイブランドでもたくさんクリーニングを行っています。安心してご依頼ください。

After

シャネルシャツ脇染み抜き1

こちらもプロの水洗い「ウェットクリーニング」ののち、脇部分に黄ばみ処理を行いました。

特に夏物に多い脇汗のシミですが、放置していると黄ばみとなってしまいますので、汗をかいたらなるべく早く洗濯をして汗を取り除くようにしましょう。

ワイシャツの襟の黄ばみ

Before

グッチ襟の黄ばみ2

この事例が皆さんにも一番身近な状態かと思われます。

日々の洗濯も行っていたし、クリーニングにも出していたのに気が付いたら襟が黄ばんでしまっていた。

これも洗濯などでキレイに取り切れていなかった皮脂や汗が少しずつ蓄積されて黄ばみへと変化してしまっておこる状態です。

こういう状態になるとなかなか自宅で黄ばみ落としをしても落ちてくれないことが多いです。

After

グッチ襟の黄ばみ

自宅処理ではとり切れない黄ばみもキレイナでは、しっかりと黄ばみ除去することが出来ます。生地の状態にあった施術を行いますので、生地を傷めずに白さを取り戻します。

更にキレイナのウェットクリーニングは生地の風合いを戻す効果もありますので、このシャツには張りもよみがえっています。

他のクリーニング店で落としきるとことが出来ないと断られた物でも一度キレイナにご相談ください。

キレイナでのクリーニング事例も紹介しましたが、まずは黄ばみが出てこないように日々のお手入れが肝心です。

襟袖や脇など汗が付きやすい部分は、洗濯の前に部分洗いをしてから洗い、皮脂や汗が残らないようにしましょう。黄ばみは出てしまうと落とすことが難しい黄ばみが出ないように予防が肝心です。