ウェットクリーニング例

モンクレール ダウンの黄ばみ・黒ずみ処理例

モンクレールダウン

モンクレールのダウンの襟首周りに付いた汚れのクリーニング例です。襟首周りは汗や皮脂汚れが溜まりやすい部分で、放置していると黄ばみや黒ずみの原因になります。

頑固な汚れになると特殊処理が必要になるので、定期的なクリーニングをおすすめします。

白いダウンジャケットの襟周りの黄ばみと黒ずみ処理例

Before

モンクレール襟の黄ばみ モンクレール袖の黒ずみ

白のモンクレールダウンジャケットですが、襟の黄ばみと袖口の黒ずみなど全体的に汚れなどが目立つ状態でキレイにしてほしいというご依頼をいただきました。

白のダウンジャケットの多くは、襟など直接肌が触れる部分に汚れや黄ばみが出やすいです。

原因は、皮脂や汗が付着してしまい、それが蓄積されて黄ばみや黒ずみへと変化してしまいます。

特に着用後の仕舞洗いの時にはしっかりとした処理が必要となります。

 

After

モンクレール襟の黄ばみA モンクレール袖の黒ずみA

キレイナでは、まず全体の『ウェットクリーニング』を行います。

その後、襟の黄ばみや袖口の黒ずみなど汚れがひどい部分へ部分処理を行います。

その後、汚れが付きにくくなる撥水加工を施しボリュームアップ仕上げを行います。

汚れをしっかりと落とすことでダウンのボリュームも復元することが出来、保温効果を復活させることも可能です。

参考価格・納期

  • ダウンジャケット 8800円(税込)
  • 特殊処理(黄ばみ・黒ずみ処理) 6600円(税込)
  • 撥水加工 2200円(税込)

合計:17600円(税込)

納期:見積承認後から3週間程度