自宅でできるファッションケアガイドKileina Magazine
衣類ケアと洗濯

セーターをクリーニング!自宅での洗濯とクリーニングの違い

セーターは、自宅での取り扱いに慎重になるアイテムですよね。縮みやたるみ・伸びが起きてしまったり、肌ざわりが変わってしまうなどのトラブルが起きやすく相談も多いアイテムです。今回は、自宅での洗濯よクリーニングについてお知らせしていきます。

セーターは自宅で洗える?

クエスチョン 女性

最近は、洗濯機も洗濯洗剤もとても良い商品があり、今まで洗えなかったような素材も自宅で洗うことが出来るようになってきています。

そのため、現在ほとんどの商品アイテムが自宅で洗うことが出来るようになっているのは確かです。

ですが、洗い方を間違えてしまうと大きなトラブルを起こしてしまう、繊細なアイテムの一つがセーターです。

そもそもセーターは、動物性繊維を糸状にした毛糸を編んで作るものが多く、動物性繊維は水にぬれることで伸縮してしまう性質を持っています。

そのため、自宅での洗濯を行うことで『縮んでしまった』『伸びてしまった』『型崩れしてしまった』などのトラブルを抱えることとなります。

注意するポイントをしっかり確認すれば、セーターでも自宅で洗濯することが可能です。

セーターの自宅での洗濯方法

自宅でセーターを選択するには、まずは、いくつか確認するポイントと事前準備が必要です。まずは、確認ポイントと事前準備を見ていきましょう。

家で洗濯

セーターを自宅で洗濯するための確認ポイント

①セーターを自宅で洗濯するために確認するポイントの一つは、クリーニングタグです。

クリーニングタグの水洗い可能マークがついていることが必須で、ドライマークのみの場合は、クリーニングに依頼することをお勧めします。

②水洗い可能な場合は、色落ちをしないかの確認を行います。

タオルに水を含ませ硬く絞ったもので、生地表面の目立たない部分を軽く叩きます。タオルに色がつかなければ色落ちはしにくいと思われます。

上記の2点を確認して、両方クリアの場合は、自宅での洗濯が可能です。

セーターを自宅で洗濯するための事前準備と洗い方

セーターを自宅で洗濯するための事前準備は、洗濯洗剤を選ぶことです。

おしゃれ着洗いやセーター・ニット専用の洗剤を使用してください。

縮み防止剤(シリコン入り)の商品が縮みなどの変形を防いでくれます。

セーターの洗い方

  1. 大きな桶どにぬるま湯をたっぷりと貯めて、セーター・ニット専用洗剤を水量に合わせて入れ、しっかりと混ぜておく。
  2. 洗濯するセーターは、形を整え、たたんだ状態でぴったりとしたサイズの洗濯用ネットに入れる。(ネットの中に隙間が出来たり、左右へ移動しないサイズのものがお勧めです。)
  3. ①のぬるま湯の中にそっと、浸けて軽く押し洗いを行います。なるべく摩擦を起こさないようにしてください。その後、10分程度つけ置きをし、もう一度かるく押し洗いを行います。
  4. 洗濯機の脱水機を使用して、10~15秒ほど回したら止めて、形を整えて、もう一度10~15秒ほど脱水する。というのを繰り返し水分を取ります。
  5. 水分が取れたら、ネットから取り出し平らな風通しの良い場所で形を整えてから平干しします。

もちろん、洗濯機の機能である、おしゃれ着洗いやドライコース等を使用して洗うことも可能です。その際の洗い方は、洗濯機の使用法などを確認の上行ってください。

KILEINA WASHシリーズのセーター・ニット専用洗剤『KILEINA DELICATE WASH winter 03

プロが使う洗濯洗剤を家庭でも使いやすい配合でお届け!

『KILEINA DELICATE WASH winter 03』は、動物性繊維はもちろん絹・綿・合成繊維でも使用することが出来る洗濯洗剤です。

生地のふんわりとした風合いを戻し暖かさをキープ。ニット類などの縮みを防ぐことが出来る優しい洗剤ですが、シミや汚れ、生地の傷みの原因となる皮脂や汗をしっかりと落とすことが出来ます。

風合いと暖かさが大切なニット類の柔らかな肌障りをキープし、お気に入りを長く着ていただけるようにしっかりとした洗浄力を兼ねそろえた洗剤です

デリケート冬03

『KILEINA DELICAT WASH 03』は、BASEのキレイナベイスショップでご購入いただけます。

ご購入はこちら⇀BASE【KILEINA BASE SHOP

セーターの自宅洗濯とクリーニングの違い

ハイスペックな洗濯機が販売されており、衣類に合わせた洗濯洗剤もある今では、セーター等の繊細な生地のものでも自宅洗いがメインだと思われます。

自宅洗いで出来ないことは、黄ばみやシミの処理、風合いのキープ・復元などです。

自宅洗濯で落とせないシミや黄ばみでもクリーニングであれば、特殊な溶剤を使用したり、特別な工程でしっかりとキレイに取り除くことが出来ます。

何より、素材特有の風合いを損ねずにしっかりと洗いあげることが出来るのがクリーニングと自宅洗濯の大きな違いといえるでしょう。

セーターは、自宅で水洗いを行うことが出来ますがどうしても生地を傷めないために優しい成分の洗濯洗剤を利用することが多いです。そのため、汚れが落ちきらず生地・繊維の中に蓄積してしまい、シミや黄ばみの原因となることが多いのです。

クリーニングでは、同じ水洗いでもしっかりと繊維の奥まで汚れを落とすことが出来ますので、頑固なシミや黄ばみに変化することは少なくなります。

自宅洗濯とクリーニングの違いを理解して、使い分けを出来るようになっていただくことがお勧めです。

セーターを依頼するクリーニング店の選び方

セーターでも風合いが特徴的なものやデザイン性に優れたものはクリーニングに依頼することで、長く着用をすることが可能です。

お気に入りのセーターで縮みや色褪せ、風合いの崩れを起こさないためにもクリーニング店を選んで依頼しましょう。

クリーニング店の選び方

高級ダウン失敗断られる3

自宅でも水洗いを行うことが出来ますが、クリーニング店のウェットクリーニング(水洗い)とは、洗浄力が違います。

日々のメンテナンスとして依頼する場合は、ドライクリーニングを行うだけでも良いのですが、ワンシーズン着用した際の仕舞い洗いは、ウェットクリーニング(水洗い)が得意なクリーニング店に依頼することをお勧めします。

しっかりとウェットクリーニング(水洗い)をすることで、衣替え後の長期保管中にシミの浮き出しや黄ばみ、カビの発生、虫食いを防ぐことが出来ます。

クリーニング相場と頻度

セーターのクリーニング料金相場は、一般的なクリーニング店で400~500円程度です。

ウェットクリーニング等生地にあった洗い方を行ってくれるような、クリーニング店で1500~3000円が相場と言われています。

どのような目的で依頼するのかによって依頼先を選ぶようにしましょう。

クリーニング頻度は、ワンシーズン着用ごとに1回は仕舞洗いすることをお勧めしています。

その他、汚れがついた時や汗をかいたときなど、しっかりと汚れ落としが必要な際都度クリーニングもお勧めしております。

キレイナでのセータークリーニング実績

シミや黄ばみ、色移りなどのトラブルがあるセーター等、キレイナへ依頼いただいたセーターのクリーニング実績を紹介いたします。

CHANEL ニットに付いたファンデーションをシミ抜きでキレイに

Before

CHANEL(シャネル)のニットセーターで、素材はウール100%です。

襟もとなどにリキッドファンデーションが付いてしまって、洗っても落ちなかったそうです。

ウールは羊の毛を織って生地にしたもので、 保温性がある反面『型崩れが起きやすい』い繊維なので、自宅で処理する場合は気をつけて下さいね。

After

ウェットクリーニング(水洗い)をした後、ファンデーションのところを特殊なシミ抜きで丁寧に落としていきます。

画像でも確認できるように、2ヶ所共キレイにファンデーションが落ちましたね。

また、ウェットクリーニングを施すことにより、ドライクリーニングでは落ちない汚れも落ちるので、風合いと軽やかさにも差がでます。

参考見積価格&納期目安

  • セーター/ニット類:2750円(税抜)
  • 特殊処理(シミ抜き):1100円(税込)~

合計:3850円(税込)~

納期目安:見積承認後3~4週間程度

Max Mara ニットの移染をしみ抜きでキレイに

Before

Max Mara(マックスマーラ)のツートンカラーのニットです。

濃い色から淡い色のところに色が滲んでしまっています。

主に染色堅牢度が弱い場合に発生します。

移染は他のしみや汚れと違い、落とすことがほぼ出来ません。

After

キレイナでのウェットクリーニングと移染処理後です。

写真でも確認できるほど、キレイに落とすことが出来ました。

移染処理は強い溶剤を使うのはもちろんですが、時間と技術と経験がなによりも大切です。

生地を傷めないように、時間をかけ丁寧に処理をすることで地色をこわさず、移染だけを落とします。

大切なお洋服でお困りの方は、一度キレイナまでお問い合わせ下さい。

参考見積価格&納期目安

  • セーター/ニット類:2750円(税込)
  • 移染処理(半身):8800円(税込)~

合計:11550円(税込)~

納期目安:見積承認後5~6週間程度

まとめ

洗濯機の機能向上と手軽にセーターの洗濯に適した洗濯洗剤を手に入れることが出来るようになりましたが、お気に入りのセーターを長くキレイな状態を保つためにも定期的なメンテナンスと正しい自宅での洗濯を併用しましょう。

【セーターの自宅で洗濯ポイント】

  1. 洗濯タグを確認し必ず水洗いOKか確認すること
  2. セーターの素材に適した洗濯洗剤を選びましょう
  3. 洗い方に注意して型崩れを起こさないようにやさしく洗う

失敗してしまうと取り返しのつかないセーターは、難しいと感じられるときはクリーニングが必須です。

衣替えの時に読んでいただきたい記事も紹介しておきます。

ダウンをクリーニング!料金相場と安い時期|キレイナマガジン(kileina.jp)

プロが教える!衣替え時のクリーニングの上手な使い方|キレイナマガジン(kileina.jp)