クリーニング店で断られた高級ブランド、取れないと言われた「シミ」。洋服のメンテナンスでお困りごとは「キレイナ」まで。

電話でお問い合わせ06-6499-9158



NEWS

TOPICS
トピックス

2018.11.20

ダウンジャケットのお手入れ術♪

<br />
<b>Notice</b>:  Undefined variable: data in <b>/home/sites/heteml/users/f/u/n/funakake/web/kileina.jp/system/program/lib/qiqFramework.php(267) : eval()'d code</b> on line <b>54</b><br />


今回は、自宅でできる「ダウンジャケットのお手入れ術」をご紹介します。

冬に大活躍するダウンジャケット、間違ったケアの仕方や保管方法をしていると、ダウンジャケットの状態を悪化させることがあるので注意が必要です。

それでは、ダウンジャケットを長持ちさせるコツをいくつかご紹介します。

 

ダウンを長持ちさせるコツ

ダウンジャケットで重要なのは、中に入っているダウンのボリュームを維持させること。

着用頻度が高いほど、内部の羽毛に汗や油分が染み込み、ダウンの性能を落としてしまいます。

また、長期間保管する際は一度クリーニングに出しから、スペースを確保しダウンが潰れない通気性の良いところに吊るして保管しましょう。

 

ハンガーに吊るす時の注意

ダウンジャケットの内部には羽毛やダウンが入っているため、着用するたび汗や油分が内部へ染み込み、ダウンの性能を落としていきます。

適切でないハンガーに長時間吊るしておくと、ダウンが偏ってしまったり肩部分の形やシルエットが変化したりしてしまいます。

ダウンジャケットを長く着用するためにも、使用するハンガーには気を使いましょう。

オススメのハンガーは、型崩れを防げる厚みのある合成樹脂素材のハンガーです。

 

表面のケア

生着用期間中は、月に1度表面を軽く水で湿らせた布で拭いておきましょう。

目に見えない油汚れがついていると汚れやシミの原因になります。

ちょっとしたひと手間でダウンジャケットを長持ちさせることに繋がります。

気になる表面の汚れは、固く絞った濡れタオルで表面を軽く拭くか、またはプロのクリーニング屋さんへお任せしましょう。

また、ダウンジャケットの表地は、静電気が発生しやすいためホコリが付きやすいです。

表地には目に見えないホコリが付着しているため、着用後はできるだけでホコリを落としましょう。

オススメは静電気を除去できる「静電除去服ブラシ」です。

 

自宅でのクリーニング

洗濯洗剤・ダウン専用洗剤など、一般的に購入できる洗剤もありますが、ダウンジャケットを洗うことはとても難しいです。

自宅で洗ってボリュームがなくなったり、内部のダウンやフェザーが固まってしまったりと失敗に繋がる可能性が高くなります。

気になる表面の汚れは、固く絞った濡れタオルで表面を軽く拭くか、またはプロのクリーニング屋さんへお任せしましょう。

 

 

 

羽毛のケア

縫い目などから羽毛が飛び出してしまった場合は、絶対に引き抜かないようにして下さい。

飛び出した羽毛はそのまま引っ張りだすと、羽毛の量が少なりボリュームダウンのもとになるので注意しましょう。

羽毛が出てきた場合は絶対に引き抜かずに羽毛を押して中へ戻すこと。

押しても戻らない場合は、飛び出ている羽毛を反対側から引っ張って飛び出ている箇所を元に戻しましょう。

 

ファスナーのケア

ファスナーは経年劣化とともに滑りが悪くなっていきます。

その原因は人により様々でが、ファスナーがうまく開閉できない場合は、「ファスナー専用の潤滑剤」を塗布してみて下さい。

 

シワのケア

あまりオススメはできませんが、アイロンを使ってシワを解消することは可能です。

アイロンを使用する際は必ず洗濯表示を確認し、アイロンを当てても大丈夫かどうか確認しましょう。

アイロン可であれば、低温であて布をしながら当てましょう。

 

【洗濯表示内容】

アイロンマークに『低』と表示されている場合

適正温度は80℃~120℃

アイロンマークに『中』と表示されている場合

適正温度は140℃~160℃

アイロンマークに『高』が表示されている場合

適正温度は180℃~210℃

 

お気に入りや大切なダウンジャケット、来年も安心して着られるようにキレイナでキレイにしてみませんか?

TOPに戻る

COPYRIGHT © KILEINA. ALL RIGHTS RESERVED.