クリーニング店で断られた高級ブランド、取れないと言われた「シミ」。洋服のメンテナンスでお困りごとは「キレイナ」まで。

電話でお問い合わせ06-6499-9158



NEWS

TOPICS
トピックス

2018.10.18

クローゼット内のカビ対策

<br />
<b>Notice</b>:  Undefined variable: data in <b>/home/sites/heteml/users/f/u/n/funakake/web/kileina.jp/system/program/lib/qiqFramework.php(267) : eval()'d code</b> on line <b>54</b><br />


クローゼット内にカビを生やしてしまったことはありませんか?
今回は、カビの対処法と予防法をご紹介します。

クローゼットについたカビの拭き取り方 

軽いカビならエタノールで除去可能です。

市販の消毒用エタノールか無水エタノールを用意してカビに塗布し、雑巾で拭き取りましょう。

エタノールで取れない場合は、市販の塩素系漂白剤を薄めカビに塗布、固く絞った雑巾で雑巾で拭き取りましょう。

※エタノールはアルコールであり揮発性が高いため、使用する際は近くに火元となるものがないかを確認してからご使用下さい。

※塩素系漂白剤を使う際は他の薬品と混ざらないようにして下さい。

 

 

衣類についたカビ取り方 

※洗濯表示で水洗い可能かどうか確認してください。

※色落ちする場合がある為、必ず目立たない箇所でテストしてから行ってください。

①ブラッシングをしてカビを払い落とす

②消毒用エタノールを含ませた布で軽く拭き取る

③「②」の方法で取れない場合は、酸素系漂白剤を使用

 40~50℃のお湯に酸素系漂白剤を溶かし、その中へ服を入れ20分ほど浸します。

 その後、軽くもみ洗いをしてからしっかりと水で濯ぎます。

④クレンジングオイルを使用する

 クレンジングオイルを布に含ませカビを拭き取り、その後通常通りに洗濯機で回す。
 

 

カビの予防と対策 
①換気を良くする

②物を詰め込み過ぎないようにする

③除湿剤を利用する

④革などカビの発生しやすいものはできるだけ上段に置く


カビの臭い対策
・市販の消臭剤の中からお好きな香りを選んで使用する
・重曹や備長炭を使用する
※重曹は湿気を吸収し、備長炭は脱臭効果があります。

 

 

大切なお洋服のカビのことでお困りな方は、一度キレイナまでお問合せ下さい。

TOPに戻る

COPYRIGHT © KILEINA. ALL RIGHTS RESERVED.