衣類ケアと洗濯

プロが教える!ダウンが臭い原因と臭い取りや洗濯方法

ダウンコートに「ニオイがついてしまった!」「久しぶりに着ようと思ったら嫌なニオイがする」「クリーニングに出したらニオイがきつくなって戻ってきた!」そんな悩みの原因やニオイの取り方・洗濯方法について解説していきます。

ダウンの臭い取りをする時の注意点

まず、ダウンの臭いについて、大きく2つに分けられます。

『表面についた臭い』と『ダウンの羽についた臭い』です。

例えば、食事や飲み会後に一時的ついてしまったのが表面についた臭い。長年の着用で染みついた臭い、買ったときからの臭いやクリーニングで戻ってきたダウンの臭い、この手のものが、ダウンの羽についた臭いと考えて下さい。

『表面についた臭い』は洗濯せずに取れるものが多く、『ダウンの羽についた臭い』は、水で丸洗いしないと取れないものがほとんどです。

ダウンの洗濯やクリーニングは、シーズン終わりに1回程度が目安ですので、洗濯せずに取れる方法を知っておくことが大事です。

表面に付いた臭いは「干す」。中まで染みついた臭いは「水で洗う」。

食事や飲み会後にダウンが臭い時の消臭方法

「焼肉店に行って、ダウンをハンガーにかけていたら臭いがついてしまった。」

「みんなでカラオケに行ったら、たばこの臭いがついてしまった。」

この手の臭いは、「表面についた臭い」に有効な消臭方法は、”風通しの良い場所で陰干し”です。

クローゼットにしまう前に、風通しの良い場所で陰干ししましょう。丸1日風にさらしておくと、大体の臭いが取れてしまいます。

天日干しは生地を変色させてしまうことがあります。外での陰干しや室内干しでサーキュレーターにさらすことをおススメします。

ファブリーズを振ったらいいのでは?という意見について

ファブリーズは、臭いの上にファブリーズの臭いで覆うことになりますので、臭いを閉じ込めてしまうことになるので、まずは臭いの元を外に飛ばすことを考えましょう。

ダウンが汗臭い時の洗濯やお手入れ方法

汗臭いダウン。首回りや袖口など直接肌に触れる部分、雨でぬれた後、乾燥不足で臭いが発生することがあります。寝袋なんかもそうですね。この手のダウンの中までしみこんだ臭いに有効な手段は、水で丸洗いが有効です。

新品のダウンが臭い時の原因と消臭方法

ダウンはりつや復活3

新品なのに着ていると「何かにおう」「獣臭がする」というダウンジャケット。

特に安いダウン、中に入っているダウン(羽)の品質に問題があってニオイの原因になっていることがあります。

よくあるのが、東アジア産、東南アジア産の安いダウン。

使用する水鳥の種類や飼育環境が悪かったり、羽を使用する前に、洗浄・脱臭・殺菌等の処理が行うのですが、この処理が丁寧に行われていなかったりすると、雑菌が繁殖してニオイが発生する原因になります。

ダウンの臭いを取る方法は、水洗いすること。

プロに任せるなら、ダウンをきっちり水洗いをしてくれるクリーニング店に出すこと。ちなみに、ドライクリーニングでは、臭いは取れません。

自分で洗濯するなら、浴槽にお湯を張って、中性洗剤で手洗いすることをお勧めします。

1回で臭いが取れない場合は、何度も繰り返してください。

安いダウンウェアの中には、ダウン(羽)の洗浄が十分にされずに、不衛生な羽が使われている商品がある。

ダウンが湿気でカビ臭い時の消臭方法

ダウンウェアは、最も乾くのに時間がかかる衣類のひとつ。ダウンの中まで水が入るとなかなか乾きません。乾燥が不十分のまま放置するとカビの原因となります。そうすることでカビ臭いにおいが発生します。

この場合も、しっかりと水洗いして十分乾燥させてあげましょう。乾燥機を使用しての感想がお勧めです。

ダウンが獣臭い時の原因と消臭方法

ダウンの製造工程での羽の洗浄が不十分であることが原因だっだりします。

何度か水洗いを繰り返していくと臭いが徐々になくなっていきます。繰り返し水洗いをすることで生地を傷めてしまうことがありますので、たっぷりの水で優しく押し洗いをすることがポイントです。

ダウンが香水臭い時の消臭方法

香水など人工的に作られた匂いは最も除去しにくい臭いの一つです。この場合もダウンを水で臭いの粒子を外に出すために、たっぷりの水を使用して水洗いをしてしっかりと乾燥させて下さい。

ダウンを洗濯後の臭いの原因と消臭方法

洗濯しても臭いが取れない場合、何度か水洗いを繰り返すと臭いは確実に薄くなっていきますので安心して下さい。水洗いは洗濯機よりも、手洗いで丁寧に洗う方が生地に優しく、トラブルも少ないので、手間を惜しまず手洗いをおススメします。

ダウンが臭い時の干し方

ダウン洗濯洗える洗えない2

ダウンについた臭いを、一番簡単で手っ取り早く飛ばす方法は、風通しの良い場所で長時間干しておくこと。外で干す場合は陰干しをお勧めします。天日干しで長時間放置すると変色や色褪せの原因になります。

室内干しをする場合は、サーキュレーター(扇風機)で風を当てながら干すことが効果的です。乾燥機が自宅にある場合は、乾燥機で10分ほど回しても消臭には有効です。

但し、中のダウン(羽)がキレイになるわけではないので、臭いが取れない場合は、水での丸洗いが必要です。

臭いを取る為に長時間干す場合、必ず陰干しで!!天日干しは厳禁!!

クリーニング後のダウンが臭い原因

クリーニングに出したら、クリーニング特有の石油っぽいにおいがしたり、何となく嫌なにおいがする場合があります。

原因その1:乾燥が不十分の可能性があります。ダウンはもっとも乾きにくい、乾くのに時間がかかる衣類の一つです。ダウンの中まで乾ききっていないと嫌なニオイがします。

原因その2:ドライクリーニングの液管理に不備がある。クリーニング店によって、ドライの液の管理の仕方や、液の入れ替えに差があります。洗浄液の管理がずさんで、汚れた液を使いまわしているクリーニング店での仕上り、加齢臭のようなにおいがする場合があります。

ダウンクリーニングのプロの臭いに対する対処法

プロがダウンの消臭を行う場合も、水洗いが不可欠です。においがきつい場合は、部分的に専用の薬品を使って部分処理を行いながら臭いを除去していきます。

ダウンはもちろんですが、どんな洋服でもドライクリーニングで臭いが除去できることはほとんどありませんので、プロに任せる場合は、ダウンをドライクリーニングではなく水洗いしてもらえるのかを確認しましょう。

プロに出しても、ドライクリーニングで臭いがほとんど取れることはない。

プロが教えるダウンの臭いを簡単に取る方法 その1【干す】

1)ダウンをスチームアイロンの蒸気で蒸かして臭いの粒子と共に蒸発させる。※アイロンは直接当てないで下さい。

2)風通しの良い場所で1日中陰干し。又は、扇風機をあてて室内干しをする。

プロが教えるダウンの臭いを簡単に取る方法 その2【水洗い】

1)浴槽にぬるま湯(30~40℃)にお湯を張り、洗濯洗剤を適量入れて手で押し洗いをする。

2)汚れがほとんど出なくなる迄何度かお湯を入れ替えて、洗いを繰り返す。

3)手でゆっくりとダウンの水分を可能な限り外に押し出してから、洗濯機で3分程度脱水を行う。※水が多く含んだ状態のダウンを洗濯機で脱水するとダウンが破裂する場合あるので注意して下さい!

4)風通しの良い場所で1日中陰干し。又は、扇風機をあてて室内干しをする。

5)ある程度乾燥してから、ダウンの偏りを手でほぐし手から、ファスナー締めてダウンを裏返す。乾燥機で10分程度回すことでダウンをふっくら仕上げる。