衣替えと服の保管

衣替え時にシミや黄ばみなど変色が!プロが教える落とし方

衣替え時、保管しておいた洋服を出して着ようとしたら、シミや黄ばみなど変色ですぐに着ることが出来なかった、なんてことありませんか?そんなお悩みにプロが教える落とし方でしみ抜きをしてみましょう。

衣替えをしているとシミや黄ばみを発見する事は多い

高級ダウン失敗断られる4

衣替えの時、箱を開けて保管していたものを出して来たら、シミや黄ばみで変色していた!何てことありますよね。

衣替えの時にシミや黄ばみを発見するのは、長期保管によって汚れや皮脂や汗の洗い残りなどが浮き出てきてしまうことが原因の一つなのです。

保管前の洋服の状態と保管の環境によって、なかったはずのシミや黄ばみが出てきてしまうことがあります。

衣替えで発見したシミや黄ばみの原因

衣替えで発見するシミや黄ばみの原因は、洋服に残っている汚れや皮脂や汗などです。

特に目に見えにくい、皮脂や汗が原因で白いシャツの襟袖が黄ばんでしまっていた、なんてことありますよね。

この汚れや皮脂や汗は、衣替え前にしっかりと洗ってキレイにしてあげることが必要です。さらに浮き出てくることを防ぐには、保管環境の湿度を低く保つこと、気温が高くなりすぎないことなどが大切です。

衣替えで発見したシミや黄ばみの落とし方

衣替えの時に発見したシミや黄ばみは、自宅で落とすことが出来るものもあります。自宅で出来るシミや黄ばみの落とし方を知っておくといざというときに役立ちます。

シミの種類と落とし方

シミの種類は、水溶性・油性・不溶性の3種類があります。それぞれに合ったシミの落とし方がりますので見極めが必要です。

水溶性のシミ

水溶性のシミは、飲料・調味料・血液などが原因のシミです。

水溶性のシミは、水に溶けやすい性質を持っているため通常の洗濯でも落ちるものもあります。ただし保管期間が長いものは落としにくくなってしまいます。

原因が飲料や調味料の場合は、中性洗剤や台所用の洗剤を部分的につけて、タオルやふきんでたたくようにして部分洗いをすると落とすことが出来ます。

血液の汚れは、お湯を使用せず、中性洗剤か酸素系漂白剤を使用して部分洗いを行うことがお勧めです。お湯を使用してしまうと血液中のたんぱく質が凝固して繊維にしっかりと付着してしまい取れにくくなってしますので注意してください。

どちらのシミも部分洗いをした後に通常の洗濯を行いましょう。

油性のシミ

油性のシミは、ファンデーションや口紅などの化粧品やペンのインク、チョコレートなど脂分が多く含まれているものが原因のシミです。

ファンデーションや口紅などの化粧品のシミについては、クレンジングオイルを揉み混み、生地になじませてから、アルコールを含ませたタオルやふきんでたたくようにして部分洗いをすると落とせます。

ペンのインクなどは、乾いたタオルやふきんを下に敷いて、中性洗剤で上からたたくようにし部分洗いをしましょう。インクなどはお家での染み抜きでは完全に落としきるのは難しいですが、薄くすることは可能です。

油性のシミはどのシミもすすぎなどは水よりお湯を使用する方がキレイにシミを落とすことに効果があります。

不溶性のシミ

不溶性のシミは、主に泥や炭、ボールペンのゲルインクなどが原因のシミです。そのほかにもたくさんの原因はありますが、特徴としては水にも油にも溶けない性質ということです。

お家での洗濯で落とすことが最も難しいのが不溶性のシミです。

炭などのシミは、中性洗剤をなじませ洗濯用固形石鹸でこすりシミを浮かして流し落とすという工程を繰り返すことが必要です。繰り返し行うことで、シミを薄くすることが可能です。

原因がわからない時には

水溶性のシミなのか油性なのか?どちらかわからないシミの場合は、まずは中性洗剤でシミを部分洗いしてみてください。

水溶性のシミも油性のシミも中性洗剤が効果がありますので試してみてください。

水溶性・油性・不溶性、どのシミも洗濯表示を確認して、それぞれの繊維に合った洗剤を使用するようにしてください。

生地を傷める原因にもなりますので、たたきすぎ、こすりすぎなどにも注意が必要です。

 

黄ばみの原因と落とし方

黄ばみは、汚れを落としきれておらず、その汚れが酸素と結びついて酸化することが原因と言われています。

ワイシャツなどの白いシャツで襟、袖などに黄ばみが出やすいのは、皮脂や汗が付着し洗濯時にしっかりと落としきれていないことが原因となっていることが多いです。

特に衣替え時、汚れ残りや、目には見えない皮脂や汗が衣類に残った状態で長期保管してしまうことで、次のシーズン着用しようとしたら黄ばみが出てしまっている、なんてことがあります。黄ばみを出さないように仕舞洗いをしっかりと行うことが重要です。

お家で手軽に簡単に黄ばみを落とすのは、市販の衣類用酸素系漂白剤を使用してつけ置きすることです。

ですが、これでは頑固な黄ばみは薄くなる程度のことが多いです。

頑固な黄ばみは、中性洗剤と過炭酸ナトリウムを混ぜてペースト状にして黄ばみ部分に塗って、スチームアイロンで熱い蒸気を当てて漂白する方法もあります。

どちらの方法も生地によって使用できませんので、洗濯表示などで漂白・アイロンの使用につていの確認が必要です。

漂白についての洗濯表示を参考にしてください。

シミ、黄ばみともに漂白剤を使用したり、こすったりたたいたりという作業によって落とすことで生地にはダメージおこりやすいです。

洗濯表示を参考にお家でシミ、黄ばみを落とすのも良いですが、状態がひどいものや繊細な生地の場合は、クリーニング店でプロに任せることをお勧めいたします。

まずは、衣替え時にシミや黄ばみがないようにするためには、仕舞洗いが重要です。しっかりと洗ってから衣替えをするようにしましょう。