ウェットクリーニング例

水沢ダウンについた黄ばみのクリーニング例

人気の水沢ダウンのシームレスダウン、襟袖などについた黄ばみをキレイに落としたクリーニング例です。キレイナでは、高度な水洗い技術「ウェットクリーニング」で汚れを落とし、特殊しみ抜きで残っている黄ばみをしっかり取り除きます。

水沢ダウン シームレスダウンの襟やフードについた黄ばみのクリーニング例

Before

今回の事例は、水沢ダウンの黄ばみクリーニング例です。水沢ダウンもクリーニング店で断られることが多いダウンの一つです。その理由は、シームレス加工のダウンのため、圧着が外れやすくクリーニングが難しいということがあります。

今回のダウンは、前シーズン着用後に仕舞洗いのためにクリーニングに出そうとしたものの断られてしまい、仕舞洗いせず収納していたそうです。翌シーズン着用時に黄ばみが襟とフード部分に出てきてしまい困ったということで、キレイナにご依頼をいただきました。

黄ばみの原因は、汚れ残りや皮脂や汗です。仕舞洗いをしっかりと行わず、長期保管してしまうと汚れなどが酸化して黄ばみが出てしまいます。

After

キレイナでは、シームレス加工のダウンでも全商品しっかりとプロの水洗い「ウェットクリーニング」でクリーニングを行います。

繊細な生地や加工にも対応できるように、お客様ごとに一点一点手作業でクリーニングを行います。

まずは、全体の汚れやダウンについた汚れを取るために「ウェットクリーニング」を行います。その後、シミや黄ばみが残っている部分に特殊しみ抜きを行いました。

仕上げには、汚れ防止にもなる撥水加工を追加でご依頼いただきました。

すっかり黄ばみも取れてきれいに仕上げることが出来ました。

キレイナでは、ワンシーズン着用したダウンは、仕舞洗いをおこなうことを推奨しています。

参考見積

  • ダウンジャケット:8800円(税込)
  • 特殊しみ抜き(襟・フード):5500円(税込)~
  • 撥水加工:2200円(税込)~

合計:16500円(税込)~