リペア(修理)例

モンクレールのダウン ファスナーの修理例

モンクレールのダウンのファスナー部分修理例をご紹介致します。身頃ファスナー、ポケットファスナーなどのファスナー修理例です。モンクレールの様な高級ダウンはクリーニングや補修に失敗しない様に専門のウェットクリーニング業者にお任せ下さい。

※修理のみのご依頼は受け付けておりません。予めご了承ください。

Before

今回は、モンクレールのダウンのポケットのファスナーの上部の生地部分の補修のご依頼をいただきました。

通常ポケットのファスナーを付ける際、ファスナーの長さに合わせて生地に切り込みを入れます。そしてその切り込み部分から中のダウンか飛び出さないように、ファスナーをつける前に淵を別生地でふさぎます。

今回は、本来ふさがっている箇所の切り込み部分から生地がほつれ、中のダウンが出てきてしまう状態でした。このまま放置するとダウンがどんどん出てきてしまうので、早急に補修が必要になります。

After

幸い切り込み部分のほつれの範囲が小さかったため、裏から補強するとふさぐことができました。

この切り込み部分からのほつれがおおきくなり、補強しても破れ部分が出てきてしまう場合は、ご了承いただいた上でポケットの中などの別部分から移植をすることになります。そういった場合にも対応致しますのでご相談ください。

ポケットのファスナーは、手を入れたり開閉の際に負担がかかりやすく、多くご依頼いただきます。放置すると大掛かりな補修が必要となる場合があるため、少しの糸切れでも早めの補修をお勧めしております。

参考見積価格

ダウンジャケット:8800円(税込)

ダウンファスナー修理:13200円(税込)

合計:22000円(税込)

※見積内容につきましては、商品の状態や施術内容により価格が異なります。こちらはあくまでも参考見積価格となりますのでご了承ください。