ウェットクリーニング例

モンクレールのクリーニングはキレイナがおすすめの理由

モンクレールのクリーニングをどこに出そうかと検索して検討している方!モンクレールのクリーニングはキレイナがおすすめです。キレイナがなぜおすすめなのか、そのおすすめ理由を解説していきます。

モンクレールのクリーニング比較

ダウンはりつや復活アイキャッチ

この記事をご覧になられている方のほとんどが、すでにモンクレールのクリーニングを出す先を検索されているかと思われます。そこで、いろいろな会社を比較してみたいと思います。

モンクレールジャパン公式店でのクリーニング

モンクレール公式店舗にて、クリーニングの受付も行っております。通常一着7500円(税込)でファーやレザーがついているものは特殊クリーニングとなるため10000円(税込)。

ただし、クリーニングを受け付けてくれるのは、モンクレールの国内正規品のみの取り扱いとなるとのことです。中古品や通信販売サイトで購入されたものの中にはコピー商品も含まれることがあり、そういった商品はクリーニング受付の対象外となりますのでご注意ください。

キレイナでのクリーニング

キレイナでは、モンクレールのクリーニングはもちろん高級ブランド品や他店で断られた商品などのクリーニングも行っています。価格は8800円(税込)~でオプションとしてオーダーメイドの見積料金制と定額パックプランがあります。

基本的には、一点一点ウェットクリーニング(水洗い)で汚れを落としてダウンのボリューム復元も行います。

その他のクリーニング会社

一般クリーニング店ではモンクレールのクリーニングを断られてしまうということも多くあるようです。高級な商品でデリケートな扱いが必要で事故につながりやすいということでリスク回避のため受付拒否している場合もあります。

モンクレールを知らないクリーニング店に依頼してしまうことです。デリケートな商品と知らずそのままクリーニングを行ってトラブルになったということもあるようです。

クリーニングの依頼先を選びは、かなり重要です。せっかくのお気に入りが台無しにならないようにモンクレールのクリーニング依頼は最適なクリーニング方法をとってくれるお店選びをしましょう。

モンクレールのクリーニング料金相場

モンクレールのクリーニング料金の相場は、依頼先によって異なりますが、ダウンベストで6000円前後・ダウンジャケットで8000円前後・ダウンコートで10000円前後の価格帯のようです。

レザーやファーが使用されていたり、その他付属品やニット素材の場合などで追加料金がかかるのが一般的です。そのほか、依頼の方法や洗い方などによっても異なるようです。

価格だけを判断基準とせず、あくまでも一つの基準としてとらえモンクレールのダウンに合った最適な洗い方をしてくれるお店を選ぶことが大切です。

モンクレールはクリーニング店でも失敗がある

高級ダウン失敗断られる4

モンクレールのクリーニングに出したけれど、クリーニングに失敗されてしまうこともあります。

トラブル例

  • ダウンのボリュームが減った(しぼんだ)
  • ダウンが偏ってしまっている
  • シミ・汚れが落ちていない。

こういうトラブルは、ドライクリーニングを行ったことが原因の可能性があります。中綿に使用してあるダウンは、油脂成分があり水をはじいて空気を含みボリュームがある状態を保っています。ドライクリーニングを行うことでダウンの油脂成分を洗い流してしまい、ダウンのボリュームが減ったように感じられることがあります。偏りもおなじ原因のことがあり、どちらもしっかりとほぐすように乾燥させることで復元することが可能な場合もあります。

また、シミや汚れは皮脂や汗が原因のことが多いです。皮脂や汗はドライクリーニングでは落とすことが出来ません。

その他のトラブルとしては、破損や付属品の紛失などがあるようです。

モンクレールのクリーニングに慣れていれば破損などのリスクは回避できます。やはりお店選びが重要ですね。

 

モンクレールのクリーニングはキレイナがおすすめの理由

モンクレールのダウンジャケットをウェットクリーニング

トラブルなどを紹介してきましたが、キレイナではモンクレールなどのダウンを年間6000点以上クリーニングしています。たくさんのクリーニングを行っている経験があるため、いろいろなリスクを回避して、しっかりキレイにモンクレールのクリーニングをキレイナで行うことが出来るのです。

モンクレールの手洗いでウェットクリーニング(水洗い)

一点一点それぞれの状態に合わせた洗い方をするため、手洗いのウェットクリーニング(水洗い)をしています。そのため上記のようなトラブルが起きない環境でクリーニングを行っております。

シミ・汚れがキレイに落ちていることはもちろん、ダウンのボリュームの復元も行っています。

キレイナのモンクレールクリーニング実例

実際キレイナでモンクレールのクリーニングを行った例をBefore→Afterで紹介します。

白の汚れ・黄ばみ

皮脂や汗が付きやすい襟周りですが、衣替え時には汚れが見られなかったため、クリーニングせず保管したところ、次のシーズン着用しようと出して来たら黄ばみ(黄色く変色)が出ていたので他店にクリーニングに出したけど、落ちなかったので再度キレイナにご依頼くださいました。

Before

After

おそらく他店クリーニングでは、ドライクリーニングのみ行った様子です。キレイナでは、ウェットクリーニング(水洗い)と特殊処理でしっかりと黄ばみなどを落としました。

ぺちゃんこでボリュームダウン

ボリュームがなくなり復元のご依頼をいただいた商品です。吊るした状態でここまでぺしゃんこな状態は中綿のダウンがくっついてしぼんでしまっている状態と思われます。

Before

After

ウェットクリーニング(水洗い)をしてしっかりと乾燥し、ボリュームの復元を行いました。

襟の汚れ・ロゴやワッペンの汚れ・染み抜き

襟周りは、首や顔が触れるために皮脂や汗、ファンデーションなどが付着しやすく汚れが付きやすい部分になります。ロゴやワッペンは、洋服とのすれで黒くなることもあります。

Before

After

ロゴやワッペン部分も部分的にしっかりと特殊処理を行うことで、新品のようなキレイさを取り戻しました。

そのほかのお悩み(臭い取り・カビ)

上記事例以外にもいろいろなお悩みの商品があります。中でも多いのが、においについてのお悩み。汚れが劣化したことによる臭いや香水の匂いなど、消臭処理を行うことで軽減することは可能です。

カビについても襟袖などに発生やすく、特殊処理でしっかりと除去することが可能です。

キレイナが推奨するモンクレールのクリーニング頻度

モンクレールのクリーニング頻度は、いったいどのくらいなのでしょうか?

毎年・ワンシーズン?

ワンシーズン着用しても汚れていないしそのまま衣替えで仕舞っている方も多いかもしれません。しかし、目には見えない皮脂や汗が付着していることが多く、次のシーズンに着ようと出してみたら「変色していた」「カビがはえていた」「ボリュームがなくなった」などがおこることがあります。

そのため、キレイナではワンシーズン毎のクリーニングを推奨しています。

皮脂や汗は、中綿のダウンにも付着しじわじわと汚れがにじみ出てくることもあります。皮脂や汗は、ウェットクリーニング(水洗い)で取り除くことが可能です。

表面だけでなく、中綿のダウンまでしっかりとキレイにして来シーズン着用のための準備を行いましょう。

キレイナでのクリーニングについて詳しくは、ホームページをご覧ください。